『醜男』の歴史

時間がたつのは本当に早いですね。

6月頭からずーっと続けてきた稽古・・・この稽古場にも、別れを告げ舞台稽古真っ只中。

演出家・役者・カンパニースタッフが一丸となって作り上げたこの『醜男』

これまでどのような歴史を辿ってきたかをご紹介します。

『醜男』は、ドイツの新進気鋭の若手作家・マリウス・フォン・マイエンブルクが2007年に発表した戯曲です。

マイエンブルクが得意とするのは

皆が日常でなんとなく感じながらも、言葉にできなかったようなテーマをきちんと言語化する事だと言われています。

現実の人間社会をじっと見つめていると見えてくる問題、人間に共通するテーマを描くのです。


今回は 「顔」

ある日突然、上司や妻など親しい人間から「あなたの顔は醜すぎる」と衝撃の事実を突きつけられたら・・・?

 

世田谷パブリックシアターでは、

本公演の以前にも、2008年6月・シアタートラムにて

演出・ノゾエ征爾 出演・中山祐一朗/緒川たまき/原金太郎/山中崇 を迎え

リーディングプログラムとして上演されています。


今回は、演出・河原雅彦氏によってどのように料理されるのか!

山内圭哉・内山理名・斎藤工・入江雅人がどんな味を出すのか!
           

みなさん確かめに来てください!

 


DSC01106.JPG
私はこの稽古が始まってからは、
鏡を見るたびに「顔って・・・なに?」と考えるようになってしまいました・・・



2010年7月の醜男

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

醜男のつぶやき