« <審判・失踪者>ツアー日記 〜松本から仙南へ〜 | メイン | <審判・失踪者>ツアー日記〜えずこ公演のオフ日編 »

<審判・失踪者>「審判」台本掲載・『SPT04』発売開始

『SPT04』発売開始のお知らせ
spt04.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
劇場のための理論誌『SPT』4号を発売です。
今号のテーマは「演技」。多彩なメンバーにて演技論を展開します。

★『審判』の台本、および松本修さんのインタビューがおさめられています。 
※台本はワークショップ稽古の途中段階をまとめたものです。シアタートラムでの上演とは異なる箇所があります。


ぜひお買い求めください。

■『SPT04』目次

特集 演技をしているのは誰か?

表紙の言葉◎大竹伸朗
編集ノート◎松井憲太郎

●「演技する身体」
インタビュー◎野村萬斎:「不射之射」の境地

論考◎渡邊守章:語ること、劇──「語り」「演技」「身体」

インタビュー◎田中 泯:見えない踊り・見えない演技

インタビュー◎岡田利規:イメージの獰猛化に向けて

●「演技の社会性」
インタビュー◎宮台真司:演技への社会的リテラシー

インタビュー◎弘中惇一郎:演技と真実

インタビュー◎平田オリザ:コミュニケーションデザインとしての演技

●「演技の創造力」
対談◎豊竹咲甫大夫×長嶋 有:文楽の演技?×小説の演技?

インタビュー◎白井 晃:ブレヒト劇と演技のスタイル

インタビュー◎松本 修:演技の概念を解放する

●「演技する表象」
論考◎谷川多佳子:ヒステリーの劇場——近代神経学黎明期における「演技の病い」

論考◎飯沢耕太郎:イポリット・バヤールの呪い——写真とセルフ・ポートレイト

ブックレビュー◎岡崎武志:事実に紛れ込んだ演技   

上演台本◎原作フランツ・カフカ 構成・演出 松本修:『審判』  


◆ 販売価格1,000円(税込) 梱包送料別途
■ 販売方法
劇場チケットセンター内ブックスペースまたは主要書店にて販売。
または、劇場ホームページのオンラインショップ
からお求めになれます。

About

2007年12月16日 16:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<審判・失踪者>ツアー日記 〜松本から仙南へ〜」です。

次の投稿は「<審判・失踪者>ツアー日記〜えずこ公演のオフ日編」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34