メイン

2009年12月_『国盗人』(世田谷パブリックシアター) アーカイブ

2009年12月09日

「ほとばしる、にじみ出る」白石さんの演技

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月9日(水) 14:00~
女性

 この夏に9年間の海外駐在生活から帰国し、現在は、人生を潤わせるもの、夢中になれるものを探している最中です。

 この観劇に際しての一番の動機は、萬斎さんと白石さんの出演でした。海外に出る前、娘たちの学校の授業の一環として萬斎さんの狂言教室を拝見し、「狂言」にというより、狂言を通じて聞こえてくる萬斎さんの姿勢、言葉、演技等に魅力を感じ、2001年のロンドン公演や2008年のワシントン公演を通じて、帰国したら、演奏会、バレエ、歌舞伎という以前から親しんだものに加え、落語、浄瑠璃、そして萬斎さんの舞台に是非足を運びたいと決めていたのです。

%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F4ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8T30333.jpg

                  撮影=久家靖秀

続きを読む "「ほとばしる、にじみ出る」白石さんの演技" »

狂言で鍛えた独特の言い回しが、劇を一味違うものに

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月9日(水) 14:00~
女性

 内容は、あらすじを読んでいたので、言葉が聞き取れない時もあったのですがよくわかりました。早く話されると聞き取りにくいです。

 舞台から俳優さんが降りてきて、話しかけたり同意を求めたりで観客と舞台が一体となり楽しかったです。野村萬斎さんは、狂言で鍛えた喉で独特の言い回しがあり、この劇を一味違うものにしています。聞いていて耳あたりがとてもよかったです。私は、狂言をテレビでしか見たことがありませんが、舞台も見てみたいと思いました。

%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F6ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8AT0041.jpg

                  撮影=久家靖秀

続きを読む "狂言で鍛えた独特の言い回しが、劇を一味違うものに" »

リメイクされて戻ってきた『国盗人』にブラボー!

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月9日(水) 14:00~
男性

 「こんなに、親しみやすいとは」
観劇を終わっての感想です。シェイクスピアの原作を尊重しながら、新しいリチャード三世を表現していました。日本の古典芸能である狂言の所作を取り入れながら演出したところに萬斎さんの芸術志向を感じました。21世紀のシェイクスピア劇はそれもあり、原作の設定にとらわれない新しい挑戦でした。


kumin-blog-1208.jpg
                  撮影=久家靖秀

続きを読む "リメイクされて戻ってきた『国盗人』にブラボー!" »

2009年12月10日

野村萬斎さんが演じる悪三郎は、おちゃめで憎めないキャラクター

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月10日(木) 19:00~
女性

 シェイクスピアの「リチャード三世」に能や狂言が取り入れられたお芝居ってどんなものだろう・・。話についていけるのかなという不安もありましたが、今までに見たことがないものが見られそうと、ワクワクしながら劇場へ向かいました。

%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F1ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8T30300.jpg

                  撮影=久家靖秀

続きを読む "野村萬斎さんが演じる悪三郎は、おちゃめで憎めないキャラクター" »

能舞台をベースにした舞台演出が大変魅力的 

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月10日(木) 19:00~
女性

 我々演劇ファンが劇場に行くのは、そこに文字通り非日常的な状況と出会える楽しみがあるからなのですが、よく言われますようにその楽しみは劇場に足を踏み入れることから始まると思います。

 昔の歌舞伎小屋の入り口が小さな潜戸で、そこを抜けると別世界が待っているという図らざる演出になっていたと聞いたことがありますが、パブリックシアターにも何かそういった非日常の空気感があってお気にいりの劇場の一つとなっています。


%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F5ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8T30649.jpg

                  撮影=久家靖秀

続きを読む "能舞台をベースにした舞台演出が大変魅力的 " »

2009年12月11日

四役を鮮やかに自由自在に演じ分ける白石加代子さん

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月11日(金) 19:00~
女性

 野村萬斎さんの舞台は、以前から一度観てみたいと思っていたので念願かなって嬉しい。頂上まで登り詰めたい=王になりたい、頂上まで登り詰めても決して消えることのない不安や恐怖は、人間誰しもが持っている共通の感情であると思う。それが、悪役だがときに醜い姿ゆえに同情を誘うコミカルさを交える悪三郎から伝わってきて、最期は愛おしくなった。
張りのある声と余裕のある演技に魅了された。


%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F2ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8T30444.jpg

                  撮影=久家靖秀

続きを読む "四役を鮮やかに自由自在に演じ分ける白石加代子さん" »

野村萬斎の一挙手一投足から目が離せない

『国盗人』- W.シェイクスピア「リチャード三世」より
鑑賞日:12月11日(金) 19:00~
女性

 私自身、子育てに一区切りつき、ようやく観劇を楽しむ余裕が出て来ました。そこで、今年は歌舞伎座・新橋演舞場・明治座・新宿文化センター・電通四季劇場と、気になるお芝居やミュージカルを観て回りました。

%E3%80%8E%E5%9B%BD%E7%9B%97%E4%BA%BA%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F3ss%20photo%20by%20%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%8F%B8T30104.jpg

                  撮影=久家靖秀


続きを読む "野村萬斎の一挙手一投足から目が離せない" »

About 2009年12月_『国盗人』(世田谷パブリックシアター)

ブログ「世田谷区民レポーター」のカテゴリ「2009年12月_『国盗人』(世田谷パブリックシアター)」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは2009年08月_日野皓正 presents "Jazz for Kids" - 『日野皓正Quintet Live』です。

次のカテゴリは2009年12月_ソチエタス・ラファエロ・サンツィオ 『神曲 煉獄篇』です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.34