« <区民レポーター>気分晴れやか、明日からの人生にエネルギー。恐るべし、妙―ジカル!  | メイン | <区民レポーター>開かれた芸術・・・心に響く、伝統を受け継ぐ人の思いや呼びかけ »

<区民レポーター>おめでたい演目を堪能、舞台の様子からは想像しがたいチャーミングな一面も!

邦楽コンサート 獅子虎傳阿吽堂 vol.5

鑑賞日:1月28日(木) 15:00~
女性

 「獅子虎傳阿吽堂」をはじめて拝見いたしました。
 亀井広忠さん、田中傳左衛門さん、傳次郎さんの三兄弟と、太鼓の林英哲さん、お能のシテ方観世喜正さん、そして歌舞伎の片岡愛之助さんという通常の舞台ではなかなか一度にお目にかかることができない出演者の皆さんが大変魅力的で、とても楽しみにしておりました。

shishitora5by%E9%9D%92%E6%9F%B3%E8%81%A102.jpg

撮影=青柳聡

 「邦楽」というとお能や歌舞伎の囃子方としてしか、あまり馴染みがなかったのですが、このコンサートの「レクチャー」というコーナーでは、トークを通じてお一人お一人の個性やキャラクターが全面に出されています。まずは、三兄弟がとても仲良さそうに登場してくる場面に好感がもてました。彼らがホストとなりゲストを紹介していきますが、ボケとツッコミ(?)のような要素もふんだんに、それぞれの舞台でのお姿からはちょっと想像しがたい、とてもチャーミングな一面を見た思いです。三兄弟の人柄が、ゲストも観客も温かく和やかな雰囲気で包み込みます。

 林英哲さんは「(今回のメンバーの中では)ちょっとアウェーな感じではありますが、がんばります」と、片岡愛之助さんは「(素踊りのため)素顔で舞台に出るのは恥ずかしい。できれば顔だけでも白く塗りたい」とコメント、観客の笑いを誘い会場を湧かせました。その後、観世喜正さんの「高砂」のレクチャーがあり、客席も一緒になっての大合唱。観世喜正さんは教え方もお話も大変お上手で驚きました。観客参加型の楽しい時間でした。

 続いて、林英哲さんの「宴」、観世喜正さんの「高砂」、片岡愛之助さんの「老松」の舞台は、トーク中の一面とはうってかわり、厳かで大変な迫力を感じました。新年にふさわしいおめでたい演目を堪能いたしました。
 
 邦楽に特に詳しくない私ですが、今回のコンサートで大変興味をもちました。このような世田谷パブリックシアターならではの公演を、これからも続けていただけるようお願い致します。このたびはありがとうございました。また、劇場にうかがいたいと思います。

About

2010年02月21日 18:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<区民レポーター>気分晴れやか、明日からの人生にエネルギー。恐るべし、妙―ジカル! 」です。

次の投稿は「<区民レポーター>開かれた芸術・・・心に響く、伝統を受け継ぐ人の思いや呼びかけ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.34