« <区民レポーター>開かれた芸術・・・心に響く、伝統を受け継ぐ人の思いや呼びかけ | メイン | <区民レポーター>二つの意味合いでの原作とは異なる試み »

<区民レポーター>出演者5名、肩に羽織るものだけで上手く演じ分けていく演出に感心

『マクベス』

鑑賞日:3月14日(日) 14:00~
男性

 2002年の「まちがいの狂言」、2003年の「ハムレット」以来、久々の世田谷パブリックシアターでの観劇でしたが、青いドームの舞台設定からオープニングのナレーション、シルエットでの殺陣シーンへの一連の流れであっという間に舞台の世界に引き込まれました。

%E3%80%8E%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%99%E3%82%B9%E3%80%8F%E8%88%9E%E5%8F%B0%E5%86%99%E7%9C%9F2s%20photo%20by%20%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%B4%94.jpg

撮影=石川純

 オープニングの「ほしのくず・・くずのほし・・」とのナレーションや、エンディングの「きれいはきたない、きたないはきれい」の台詞は、「まちがいの狂言」であった「あなたはわたしで、わたしはあなた」といった世界とつながっているのかなと思いました。演出も野村萬斎さんというのを確認して、勝手にこれも野村萬斎さんの世界観なのかなと思っております。

 また、回転する舞台が上手く使われていることや、出演者が5名だけで、肩に羽織るものだけで上手く演じ分けていく演出にも感心いたしました。

 今回のレポーター制度の運用に関してなのですが、客席を見回したところ、50代から60代の方々が多かったように見受けられましたが、若手への浸透を図るという意味で、高校生枠などもあっても良かったのかなと思いました。

 レポーターを担当させていただき、ありがとうございます。

About

2010年04月01日 21:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<区民レポーター>開かれた芸術・・・心に響く、伝統を受け継ぐ人の思いや呼びかけ」です。

次の投稿は「<区民レポーター>二つの意味合いでの原作とは異なる試み」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.34