« シス・カンパニー『瞼の母(まぶたのはは)』上演時間・当日券について | メイン | 日本語、トラムで読んでます。 本日は「彦六大いに笑ふ」でした。 »

『MANSAI◎解体新書 その拾参』 出演者決定&まもなくオンラインにて一般チケット申し込み受付開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加

『MANSAI◎解体新書 その拾参』の出演者が決定いたしました。あわせて、一般チケット申し込み方法をご案内させていただきます。

世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎がプロデュースを手がけるトーク&パフォーマンス
『MANSAI◎解体新書 その拾参「男時・女時(おどき・めどき)」~様式性のメタファー(仮)』~

世阿弥の『風姿花伝』に「男時女時」の言葉があります。この言葉をきっかけとしながら、今日の舞台芸術上の「男女の逆転」にふれ、さらに、その背景となる演技の「様式性」を考えてみたいと思います。
------------------------------
公演名:MANSAI◎解体新書 その拾参
「男時・女時(おどき・めどき)」~様式性のメタファー(仮)~
出 演:野村萬斎、和央ようか ほか
日 時:7月1日(火)19:00開演
会 場:世田谷パブリックシアター
料 金:全席指定3,500円/立見3,000円
------------------------------

■オンラインでの一般チケットお申込方法 【先着制ではありません】
 受付期間:2008年5月11日(日)10:00~5月16日(金)17:00
 <パソコン> http://setagaya-pt.jp/ticket_buy/
 <携帯サイト> http://setagaya-pt.jp/m/
(1)お申込みはお一人様1件のみ2枚まで。重複申込みは無効。
(2)申込多数の場合は抽選となりますのでご了承ください。
※お申込みにあたっては、世田谷パブリックシアターオンラインチケットシステムへの事前登録が必要になります。

■発表 
 2008年5月下旬頃に、Eメールで購入手続きの方法をご案内いたします。

[出演]和央ようか(わお・ようか)
大阪府出身。女優。元宝塚歌劇団宙組男役トップスター。88年宝塚歌劇団初舞台。初舞台当初から期待の新人として注目を集め、翌年には『ベルサイユのばら』新人公演でオスカル役に大抜擢、一躍脚光を浴びる。2000年に宙組のトップスターに就任。06年7月2日をもって宝塚歌劇団を退団。主な作品に『ベルサイユのばら2001』『カステル・ミラージュ』『ファントム』『風と共に去りぬ』『NEVER SAY GOODBYE』がある。04年『BOXMAN』では菊田一夫演劇賞優秀賞を受賞。07年12月映画『茶々―天涯の貴妃(おんな)―』にて主演。おおさかシネマフェスティバル主演女優賞を受賞。08年10月公演予定のブロードウェイミュージカル『CHICAGO』で主演のヴェルマ・ケリー役が決定している。

公演の詳細はこちらをごらんください。

About

2008年5月 9日 18:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シス・カンパニー『瞼の母(まぶたのはは)』上演時間・当日券について」です。

次の投稿は「日本語、トラムで読んでます。 本日は「彦六大いに笑ふ」でした。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.