« こどもの劇場2009『にんぎょひめ』観劇レポートアップしました! | メイン | 韓国国立劇場『胎(て)~The Life Cord~』 上演について »

ミラノ・ピッコロ座『アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと』 上演について

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラノ・ピッコロ座『アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと』 の公演情報をお知らせいたします。

公演日程:7月3日(金)~7月5日(日)
劇場:世田谷パブリックシアター

090626-1_blog.jpg
photo by Ciminaghi/Piccolo Teatro di Milano

ロビー開場(ロビーまでお入りいただけます)は 開演の60分前 です。
客席開場(客席までお入りいただけます)は 開演の30分前 です。

◆上演時間◆
 約2時間40分(1・2幕 95分、休憩 15分、3幕 50分)を予定しております。

◆当日券◆
 開演の60分前より、キャロットタワー3F 世田谷パブリックシアター入口脇の
 当日券売り場にて販売いたします。

 ※高校生以下チケットをお求め、お引き取りの方は、年齢の確認できるものをお持ちください。

◎7/4(土)、5(日)各14時開演の回 終演後ポストパフォーマンストークあり
  出演:7/4=エンリコ・ボナヴェーラ/ステファノ・デ・ルカ/野村萬斎
   7/5=フェルッチョ・ソレーリ/ステファノ・デ・ルカ/野村萬斎

☆上演作品レクチャー情報☆
世田谷パブリックシアターの主催公演を、さまざまな角度から
幅広くお楽しみいただくためのレクチャーをご用意しています。

日伊伝統喜劇の競演となる『狂言劇場 その六』とミラノ・ピッコロ座『アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと』。それぞれ、能狂言研究家の小田幸子さんに、狂言の人物造形と演技の型についてお話しいただき、演劇評論家の田之倉稔さんに、イタリア即興仮面喜劇(コンメディア・デッラルテ)の起源とその影響についてお話しいただきます。2日間連続で開催する両レクチャーを通して、「狂言」と「コンメディア・デッラルテ」の共通点と相違点を生み出しているものを浮かび上がらせます。

(1)ミラノ・ピッコロ座『アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと』
7月1日(水)19時 「アルレッキーノって、誰?」
講師:田之倉 稔(演劇評論家)
世田谷文化生活情報センター5階 セミナールーム
※当日18時30分まで03-5432-1526にて申込受付。

(2)『狂言劇場 その六』
7月2日(木)19 時 「太郎冠者って、誰?-狂言の物まね」
講師:小田 幸子(能狂言研究家)
世田谷文化生活情報センター5階 セミナールーム
※当日18時30分まで03-5432-1526にて申込受付。

公演詳細はこちらへ。皆様のご来場をお待ちしております。

About

2009年7月 1日 17:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「こどもの劇場2009『にんぎょひめ』観劇レポートアップしました!」です。

次の投稿は「韓国国立劇場『胎(て)~The Life Cord~』 上演について」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.