« <モリー・スウィーニー> 阿鼻叫喚のたこやき | メイン | <モリー・スウィーニー> 今日の相島さん »

高齢者施設訪問公演、7~9日目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

世田谷パブリックシアター@ホーム公演
『チャチャチャのチャーリー ~たとえば、恋をした人形の物語~』
<7日目~9日目>の様子をお届します!

~~~~~~~~~~~~~~~
 7日目◆砧ホーム
~~~~~~~~~~~~~~~
 昨年、三軒茶屋のキャロットタワー26階レストラン・スカイキャロットで<特別お披露目公演>をした時、砧から見にきてくださったスタッフさん。あのときは、ぜひ公演をやりたいけれど場所も狭いし...と心配されていましたが、こうして1年後に公演が実現!お互い感慨もひとしおです。

 会場は2階の食堂。スタッフさんが総がかりで、テーブルや小物、ワゴンなどを次々とベランダに出し、みごと、50~60人の車椅子のご利用者さんが入場できました。そしてアットホームな空間のなかで劇は進行。終わったあとはみんなで記念撮影をしました。

@home_20.JPG @home_21.JPG
                                    ☆音をくりだす虹子役の萩窓子


~~~~~~~~~~~~~~~
 8日目◆久我山園
~~~~~~~~~~~~~~~
 久我山病院に併設されている特別養護老人ホームです。大きな敷地の前は、木々に囲まれた駐車場。病院に来る車や人がひっきりなしに往来しています。久我山園の建物の中に入ると、廊下のつきあたりの会場ではすでに準備がすすんでいるもよう。以前下見に来た時は、そこでクラシック音楽の演奏会がおこなわれていました。さて、チャーリーはどんなふうに見ていただけるか、わくわくします。「きょうはホームのスタッフのみんなにも一時手をやすめて見てほしいと言ってあります。それが今日の公演のもうひとつの大事な点なんです」とおっしゃっていた園長さんの言葉が印象的でした。

@home_22.JPG

~~~~~~~~~~~~~~~
 9日目◆千歳敬心苑
~~~~~~~~~~~~~~~
 1階にデイサービス、2階と3階に特別養護老人ホームがある大きな施設です。今日は2階のご利用者さんがお客さま。

 ところで脚本・演出・出演のノゾエさんは、この劇の最初と最後に、施設のスタッフさんの登場場面をつくりました。見ている方が自然と劇に入れるようにとの工夫ですが、劇をやる私たちにとっても毎回楽しみな場面です。この日もスタッフさんの奮闘に会場は盛り上がり、劇中、「ケンタロー!」のかけ声が!(一瞬、誰のことかと思ったら、ノゾエさん演じるダニエル健太郎でした。)公演が終わると、会場のあちこちから感想が出て、「世界でもまれにみる演劇でした」という特上のお褒めもいただきました。

@home_23.JPG
☆アンコールではみんなでふるさとを歌いました。


◆◇◆ チャチャチャのチャーリー プロフィール ◆◇◆

◇ノゾエ征爾(のぞえせいじ)‥‥脚本/演出/出演(ダニエル健太郎)
 脚本家、演出家、俳優。劇団「はえぎわ」主宰。1999年より30におよぶ劇団の全作品の作・演出・出演をつとめている。また、大人計画、劇団、本谷有希子、THEガジラなど、外部出演も多数。最近の舞台作品は、青山円劇カウンシル『その族の名は「家族」』(作・演出:岩井秀人)、アジア舞台芸術祭2009、2010、作・演出など。世田谷パブリックシアターではドラマリーディング『醜男(ぶおとこ)』を演出。また、テレビ、CM、映画(「ウルトラミラクルラブストーリー」他)などでも活躍している。
2011年7月6日より、はえぎわ本公演『○○トアル風景』、@ザ・スズナリ。http://www.haegiwa.net

◇山本光洋(やまもとこうよう)‥‥出演(チャーリー)
 ニューヨークにてパントマイムを学ぶ。毎年、新作のソロ公演を行う一方、演劇・ダンス・オペラへの出演と活躍の場を広げている。今後の舞台出演に、5月22日~29日春川マイムフェスティバルの韓国公演、7月青山円形劇場『僕の時間の深呼吸 21世紀の彼方の時間にいる君へ』(台本・演出:高泉淳子)、12月青山円形劇場『ア・ラ・カルト2~役者と音楽家のいるレストラン』(台本:高泉淳子、演出:吉澤耕一)、11月3日~6日静岡大道芸ワールドカップと続く。東京ヘブンアーティスト認定者。

◇萩 窓子(はぎまどこ)‥‥出演(虹子)
 桐朋学園大学短期大学部演劇科卒。俳優、パーカショニスト。1987年より95年までパフォーマンス集団「時々自動」に参加。以来、打楽器奏者として数多くの舞台に出演するほか、音楽も担当するなど、演技、演奏、作曲の分野で活動している。10月オペラシアターこんにゃく座『あちゃらかオペラ「夏の夜の夢」~嗚呼!大正浪漫編~』にパーカショニスト出演。世田谷パブリックシアターでは、こども劇場『にんぎょひめ』(アンデルセン原作、テレーザ・ルドヴィコ演出)ほか、@スクール公演『うっかり、ちょっと、きのこ島』『どっとこむ商会』に出演した。

◇たにぐちいくこ‥‥出演(タマオ)
 東京藝術大学美術学部、先端芸術表現科卒。2001年より自作のパフォーマンス『The doll cannot stop suddenly』や『オープンスペースジャンクションタワープリズムランドマークダイナミックO-Passトライアングルフォルムミニマルインテリアエントランスループムーブメントライアングルタワーレジデンスンデマス。』などを発表。また、温泉きのこ、松尾スズキ少女歌劇団、毛皮族、ミクニヤナイハラプロジェクト、などの舞台作品にも出演している。
本公演のチラシイラストはたにぐちさんの作品。

About

2011年5月25日 19:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「<モリー・スウィーニー> 阿鼻叫喚のたこやき」です。

次の投稿は「<モリー・スウィーニー> 今日の相島さん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.